新居浜市メンズエステ「レイチェル新居浜店」の写メ日記ページです。

TEL 0897-43-1548

営業時間 12:00~25:00

セラピスト日記

夕食後の暴食派悩み天音きょうか2024-03-01 11:59:00

あまちわ〜💡

朝晩は寒いけど、日中は温かさがだいぶ差があるね(´・ω・`)😅

最近忙しくなって、食事バランスが崩れガチ(ఠ◞≼皿≽◟ఠ)そんな方はついつい走ってしまう

夕食後の食べ過ぎ(¯―¯💧)

夕食後に食べ過ぎる原因と解決策

夜に食べ過ぎてませんか?

朝昼は節制できても夜に爆発するという人は多いです。

当然、夜の食べ過ぎが続けば太るので、原因を考えて解消しなければいけません。

夕食後に食べ過ぎる原因は次の5つです。

一つ目 寝不足

寝不足の影響は夜に出ます。

時間が経つほど睡眠の影響が出るのはイメージできますよね?

寝不足だと脳が疲れて食欲が抑制できません。

脳の疲労は日中に頭を使うほど強くなります。

朝の脳の体力が100だったのが、昼には60、夜に20と減っていくイメージです。

睡眠バッチリだと朝100あるのが、寝不足だと朝から60しかなく、夕方には0になってしまうんです。

なので

・睡眠6時間未満
・寝起きが悪い
・昼過ぎに眠い
・夕方に疲れている

で夕食後に食べ過ぎているなら、睡眠時間を改善しましょう。

もしくは昼か夕方に15分以内の仮眠でも良いです。

とにかく寝不足感を解消すれば夕食後の暴食は驚くほど落ち着きます。

二つ目 疲労

脳の疲労だけでなく肉体的な疲労も夜の暴食の原因になります。

理由は寝不足と同じです。

肉体的な疲労の原因としては

・体力の低下
(体力に見合わない活動)
・鉄欠乏
・寝不足

などが考えられ、これら根本的な原因を解消することが大切です。

また昼か夕方に仮眠で補うのも良いので、できる範囲で疲労を解消していきましょう。

三つ目 低血糖

低血糖も夜に食べ過ぎる原因の一つになります。

特に夕方4〜5時に

・脱力感
・過剰な空腹
・イライラ
・手足の冷え、震え

などがあって

「夕食食べ始めたら止まらない」

という人は、低血糖を疑いましょう。

低血糖の場合は、睡眠や糖質不足など根本的な問題を解消しつつ

『低血糖になる前の補食』

も有効です。

また、昼食時にはちみつやMCTオイルを摂るのも効果的なので試してみてください。

四つ目 カロリー不足

当たり前ですが、朝昼のカロリーが少ないと夜に爆発します。

イメージですが、1日のカロリーの半分以上を朝昼で摂るようにしてください。

例えば、1日1800kcalなら朝昼で1000kcalくらいは摂りたいです。

最近は朝を抜いて、朝昼のカロリー不足の人が本当に多い傾向にあります。

冷静に考えて朝抜いて夜に爆発してたら本末転倒ですよね。

朝昼軽くして夜爆発してる人は、朝昼にしっかり食べるようにしましょう。

五つ目 糖質不足

夕食で炭水化物抜いてませんよね?

炭水化物食べずに暴食してたら本末転倒ですよ。

「夜は動かないから炭水化物は不要」

という情報もありますが

『何言ってんの?』

という感じです 笑

寝るのにも糖質はいるし、

糖質抜くと脂質が多くなってカロリーも

増えます。

その上、食後に追加で

食べてたら太るの当たり前じゃないですか。

夕食こそ炭水化物メインが良いんですよ。

しっかりと炭水化物を食べるようにしましょう。

Pagetop